中国語って難しい?  
  初級1クラスで勉強すると1年後には、 中国のお店でちょっと値切って買い物をしたり、 初めて会った人に自己紹介したり、道をたずねたり、 会う約束をしたりできるようになります。 「聞き、話し、読み、書く」をバランスよく学べます。
   初級1テキスト 『中国語レッスン 初級1』スリーエーネットワーク 
  発音が難しそう!  
  たしかに日本語の発音構造が比較的単純な分、
日本人が中国語に挑戦するときの第一関門は「発音」ということになります。

それを克服する一番良い方法は「完璧を求めない」の一言です。
たとえば、誰かがあなたに「どんなカンジ?」と聞いたとします。
この「カンジ」が「漢字」なのか「感じ」なのか「幹事」なのか。
「幹事」じゃないことは、アクセントを聞けばわかりますが、「漢字」と「感じ」は
アクセントも同じなので、どちらも可能性があります。

でも、「あなたの名前の『じゅん』て、どんなカンジ?」なら「漢字」、
「その人、どんなカンジ?」なら「感じ」。
私たちは、一つ一つの語の発音そのものやアクセントだけで意味を
判断しているのではなくて、「文脈」から「類推」して意味を判断しているわけですね。

つまり、完璧な発音をしようと懸命になるより、「文脈を作る力」
「文脈から類推できる力」をつけることの方が、コミュニケーションへの近道なんです。
どんな言葉を勉強するにしても、「多聴多説」(たくさん聴いてたくさん話す)こそ、肝心です。
発音は大事ですが、日本語なまりの中国語でも、中国人は一生懸命聞いてくれますよ。
   
  漢字が肝心!  
  中国の漢字は、日本の漢字と違うのでしょうか?
かなり違います。
中国大陸の大部分で使われている漢字は、「簡体字」というかなり簡略化された漢字です。
この簡略の仕方が、とても面白いですよ。

たとえば、「飛」は「飞」、「書」は「书」、「業」は「业」、「広」は「广」、「幾」は「几」•••
何だか漢字じゃないみたいですね。画数が随分少なくなっています。
漢字というすごい文字体系を生み出した当の中国でも、子供たちがたくさんの漢字を
覚えるのは大変なんですね。

日本では、漢字が中国から伝えられて以降、カタカナ、ヒラガナが生まれ、
漢字そのものも独自に簡略化されてきました。
たとえば、「広」は、もともと中国から伝わった「廣」という画数の多い漢字を
日本独自に簡略化したものです。「廣」を、
今日本では「広」、中国では「广」と書くわけですね。
もとを辿れば同じ漢字なのですから、ここでも「類推力」がものを言います。

“以后请多多关照”・・・どんな意味かわかりますか?
「以後請多多関照」そうです、日本人の大好きな「よろしくお願いしまーす」ですね。
漢字を使っている日本人にとって「簡体字」は、新たに全部覚えなければならない
「漢字セット」ではなくて、最初にある程度の簡略ルールを見つけてしまえば、
後は類推でわかる、画数の少ない漢字群です。
   
  英語の文法に似てるって本当?  
  日本の学校では外国語といえば英語がメイン。
語学苦手意識も「英語が難しかった」という記憶から出てくるのかもしれません。

「中国語は英語と同じ語順だって?」という話を良く聞きますが、そんなことはありません。
「私、食べる、ランチ」の語順は
英語と同じですが、日本語で「私、明日クラスメートと一緒にランチ食べるの」と言いたい時、
中国語なら「私、明日、クラスメートと、一緒に、食べる、ランチ」、
英語なら 「私、食べる、ランチ、クラスメートと、一緒に、明日」

中国語は、日本語の感覚でOKじゃありませんか?
日本語と英語の間の感覚的距離が10だとすると、中国語はちょうどその中間の5ぐらいの
距離にあります。「恐るるに足らず」です。

中国語の語は、日本語の格助詞のような「くっついてくる言葉」や英語の動詞活用のような
「語そのものの活用」が無く、言ってみれば漢字を並べていくようなものですから、
文法は「語順が命」のような言語。
その語順が、日本語感覚に近いのなら、本当に「恐るるに足らず」でしょう? 
     
  話せるようになる秘訣  
  中国語が話せるようになる秘訣は、「耳」から入ることです。
日本人が「漢字」を知っていることは、ある程度勉強が進むと、とんでもなく「助かる」
有利な点だと自覚するようになります。
ただ始めから漢字を頼みにすると、いつまでも「知っているけど話せない」状態に
留まってしまいます。

「漢字」は見るだけで直接「意味」を引き出すので、「音(発音)」を聞いて「意味」を引き出すより、
漢字を見た方が意味が早くわかってしまいます。
「見ればわかる」けど「聞いてもわからない」というのが、日本人にとっての中国語です。

まず「聞いてわかる」ところから始めましょう。基本的な文型だけでも「耳」を頼りに
「聞いてわかり、話せる」状態になれば、こっちのものです。

使える語彙を増やす段階では、大いに漢字を活用しましょう。初級1クラスでは、
皆さんの「耳」と「口」が勉強道具、「類推するアタマ」を活性化して
「聞けた、わかった」「話した、通じた」をどんどん増やしていきましょう!